抱き枕カバーに入ってオナニー

気持ち良さ 
むしろ痛いいつもより気持ち良くないいつもと同じ気持ち良さいつもより気持ち良い最高に気持ち良い 2.00 (1人が評価しています)
Loading...

抱き枕カバーに入るという荒技

まず最初に2014年の7月頃、キャラクターが印刷された抱き枕カバーに入ってオナニーをしていたら、親が探しはじめて大事になったと、掲示板に書き込まれた。抱き枕に入るという発想は斬新だが、中に入っても何も描かれてないのだから、特に興奮しない。そこで、カバーの内側と外側を裏返して中に入るという方法を試みた。

抱きしめるより抱きしめられたい

いつも抱きしめるだけだった、あのキャラクターが自分を包み込む快感、狭く密着する2人だけの空間、枕カバーの中。中に入る苦労はあるが、この秘密の空間を彼女と共有する気持ちはなかなか良いものである。

出られない状況や酸欠に注意

まず気をつけて欲しいのは、達する前はノリで入ってしまうかもしれないが、ふと冷静になった時に出られないという自体だ。必ずいつでも出られることを確認した方が良い。次に酸欠状態に注意して欲しい。オナニー1回は100m走を全力疾走したときと同じ疲労だと言われることもあるくらい体力を使う。それだけ酸素を使うということだ。気持ちよくなっても死んでしまってはいけない。間違っても気持ち良く死ねるなら・・などと考えないでくれ。

 

このページのオナニーの感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。