風邪にオナニーが効く医学的根拠は?

気持ち良さ 
むしろ痛いいつもより気持ち良くないいつもと同じ気持ち良さいつもより気持ち良い最高に気持ち良い 3.41 (17人が評価しています)
Loading...

風邪をひいた時こそオナニー

あなたは風邪をひいて熱が出た時にムラムラしたことはないだろうか、布団の中で床オナをする人は、当然布団に入っただけでムラムラすると思うのだが、それ以外の人も風邪をひくとオナニーをしたくなる人はいるのではないかと思う。

体力を消耗するから良くない!?

なんとなく風邪をひいた時のオナニーが良くないと思うのは、学校を風邪で休んだにもかかわらず、オナニーしている自分という感覚が、罪悪感を引き起こしているのだと思うが、それ以外にも、体力を消耗するとか、色々と議論されている。
しかし、単純な話で、オナニーした後が一番眠れる。だからこそ風邪の時こそ、オナニーなのだ。

医学的にはどうなのか。

とはいえ、「医学的な根拠がなければ信用できない!」や「この明らかに風邪が治る感じを証明したい!」と思っていることだろう。そこで、下記記事を見つけたので引用した。

——-
風邪を引いた時にマスターベーションをすると、治りやすくなると言われています。その根拠は、自慰行為を行っている間は血液の流が活発になり、同時に白血 球の増殖が確認されているからです。しかも、ポジティブな要素はそれだけではなく、ナチュラルキラー細胞が増えるといったデータも出ています。結果的に、 免疫力を向上することにもなるわけです。
——-
※引用元 http://spotlight-media.jp/article/204526808102054621

よし、さあ!オナニーだ!!

一番ストレスがかからない方法

なにがともあれ、何事にもストレスが良くないと最近は言われることが多いが、その対策としてオナニーは最高のストレス解消法ではないだろうか。一番自分が好きなことを、誰にも迷惑をかけないように行うのならば、それは推奨されるべきなのだ。性的なことだというだけで、タブーのようなニュアンスが含まれてしまうことがあるが、心も体も気持ち良くなる方法のひとつとして、風邪でも健康でもオナニーをしてほしい。

このページのオナニーの感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。