時速60kmで風圧おっぱいオナニー

気持ち良さ 
むしろ痛いいつもより気持ち良くないいつもと同じ気持ち良さいつもより気持ち良い最高に気持ち良い 2.25 (4人が評価しています)
Loading...

時速60kmで走行時の風圧はおっぱいの感触だという噂

さて、このオナニーの元ネタは某テレビ番組の中で「時速60キロの風圧はオッパイの感触である」と言われたことから始まる。聞いたこともある人も多いだろうし、おっぱいなんかじゃないよ・・・と落胆した人もいるだろう。そう、ただ普通に手をかざしただけではダメなのだ。

ハンカチなど薄い布生地を利用する

何がダメかと言うと、指の間から風が流れてしまうため、気流が複雑化してしまい、おっぱいのような弾力にならないからだ。そこで、ハンカチ等の薄い布を使う。片手で手首にハンカチを固定し、飛んでいってしまわないように気をつけよう。

この方法なら、シャツ越しに触れるおっぱいの感触を味わうことができる。いや、出来るに違いない。そう思い込むのだ。自分を騙すことが重要だ。

仕上げに全身おっぱいまみれになる

ここで、あえて特定の人にしか出来ないことを紹介するが、全身がおっぱいまみれになる方法がある。そう、バイクだ。

これから自分は全身おっぱいまみれになるんだと、ハーレム的な妄想をして、まるで漫画やアニメの主人公になった気分でバイクに跨がろう。達することは出来ないまでも、帰ってから「うゎーこれがハーレムおっぱいかー!」と感動に浸りながら、オナニーをしたなら、きっと捗るだろう。

このページのオナニーの感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。