「チクビ」カテゴリーアーカイブ

胸用バイブによる乳首オナニー(チクニー)

気持ち良さ 
むしろ痛いいつもより気持ち良くないいつもと同じ気持ち良さいつもより気持ち良い最高に気持ち良い 2.33 (3人が評価しています)
Loading...

誰もが期待する乳首開発アイテム

手は別の場所を刺激しながら、乳首を刺激することを可能にするアイテムで、チクニーを好む人なら誰もが期待に胸を高鳴らせるだろう。以下では、その中から2タイプほど紹介しよう。

シリコン吸盤タイプ

胸を覆うように張り付く、吸盤タイプの乳首刺激バイブがある。カップにバイブが取り付けられており、カップの内側の乳首が当たる部分にはシリコンの突起が用意されている。これによって乳首をこするのだ。カップごと胸に押し付けることで、強めの刺激を得ることが出来るが、感覚としては微弱なものなので、開発が進んだ人には弱く感じられるだろう。中級者にオススメだ。中にローションを入れるなどの工夫もしてみてほしい。

洗濯バサミタイプ

洗濯バサミのように乳首をはさみつつ、バイブの振動で刺激するタイプがある。これが強めの刺激が得られ上級者も満足できる。ただし、初級中級には刺激が強すぎて快感を得るまでに至らない可能性があるので注意してほしい。

やっぱり手が安定して良い

細かな感覚や手の温度、色々な要素から、やはり手で行うチクニーが一番良いだろう。それでも、別のオナニーと併用するには、やはりおもちゃという選択肢も捨てがたい。おもちゃを選ぶ時は、ぜひ自分の開発具合に合わせたアイテムにしよう。

乳首を手で触る乳首オナニー(チクニー)

気持ち良さ 
むしろ痛いいつもより気持ち良くないいつもと同じ気持ち良さいつもより気持ち良い最高に気持ち良い 2.75 (4人が評価しています)
Loading...

男女問わず楽しめる

乳首でのオナニーは、感じる人と感じない人がいる。マゾ気質な人ほど感じやすいと言うが、実際とのところは、開発すれば誰でも感じることができるというのが本当のところだと思う。

まだ感じない人も根気よく

人によっては乳首の開発には時間がかかる。まずは、服の上から触ってみること、オナニーの際に触って気持ちが良いことだと体に認識させていくこと。そこで気持ち良さを感じられるようになれば、指の腹でそっと触れるか触れないかギリギリのところで撫でて刺激を加える。そうやって少しづつ体を慣らすことで、開発を進めるのだ。時間がかかることなので根気よく取り組んで欲しい。

やり過ぎの肥大化に注意

あまりに手軽に楽しめるチクニーを続けると、最終的に乳首の刺激が強くなっていき、最終的に肥大化してしまうようだ。開発を始める前に自分の乳首の幅と高さを計っておいて、不自然に大きくなりすぎない程度にセーブするとよいだろう。